FC2ブログ

硝子越しの愛



貴方が彼にだけは、まるで乙女の様に素直に恋い焦がれている

叶わない硝子越しの愛であっても
貴方が彼に対して本気であることは
素敵なこと。

女は年で無く、気配りのねんりを
スポンサーサイト
[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
*第3章 奴隷と生きるという毎日*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます