FC2ブログ

真面目に生きていく中での正直さがmにつながるのかもしれないね

奴隷として育てた子を思うと 正直すぎる子が多い
不器用なほどに精一杯である

能力がないというわけでなく 自分が納得できないと満足しない
正しさを誰かに相談したいと思う子が多いと思う

そんなことは当たり前かもしれないが そんな思いがドミノ倒しのように
いろんな部分に派生してしまう
生活全般が僅かな不安から変わってしまう

私の役目はそんな不安は不必要ということ

十分価値がある生き方をしているということを伝えること

些細なことでいいから前に進む勇気を与えることだったと思う

ともに生きる
だからこそ主従なのかもしれない
スポンサーサイト
[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
*第3章 奴隷と生きるという毎日*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます