FC2ブログ

射精のために奴隷を飼うわけでない

動物的に射精するという行為が=愛情とはならない 恋人さえ面倒で作らない時代なら猶更。

食うために結婚するわけでもなく
家政婦として利用するわけじゃない。

2人で でないとできないことをする。
出来ることもさらに楽しくする

だから卑下とか自己嫌悪とかさえ意味を成さない。

2人だから出来る形を掴んで紡いでいくために主従になったのだから
スポンサーサイト
[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
*第3章 奴隷と生きるという毎日*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます