FC2ブログ

流れゆく中で

桔梗はリアルな主従な事実を自分なりに受け止めていたのかもしれない。

理屈は分かっのているとはいえ、マジな経験者ごとに違うわけだからを優しく何でも守る俺を信じていた。

俺の女性関係やバイブを嵌められての外出に心理的に疲れていたはず。

その中で朝早くから勉強の合間にこなす俺からの仮題には素直に従い、あり得ない場所で撮影した画像や電話調教をこなしていた。

その中で疲れたのだろう帰れないほどダウンする日もあった。

全裸にして緊迫して部屋の中で吊したまま玄関先で来客対応したり

出かけたさきでは首輪したままに果てるまで終わらない露出調教や

路線バスの中で荷物やコートで隠して強制的オナを晒させた。

繰り返される開発に俺の価値観を理解する日比のなかで

公開調教をされることを、つげた。

スポンサーサイト
[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
*第3章 奴隷と生きるという毎日*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます