FC2ブログ

貴女が自分を育てる意識してこそ

たとえあなたが私の奴隷であったとしても私はあなたを救えません

神でも医者でも天才でもありません

ただあなたと同じ傷を持ち貴女のことが大好きで 貴女と生きたいと思うだけです

だから 貴女が自身の成長を祈るとき自分のこと以上に精一杯心を痛めながら 応援するだけです

それがわたしが生きる道と思います
スポンサーサイト
[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
*第3章 奴隷と生きるという毎日*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます