FC2ブログ

涙の夜を超えて

所有されてることに安心してるはずだけれども
確めたくなる思いがある

本当にこんなに足りないのに
それでもいいのかな

出来なかったことばかり気になって
主の言葉に素直になれないで
疑問系で考えたり
そんなことは無いと想ったり

ただ
主の声を聞いた朝には
大丈夫って

やっぱり主だけが唯一の人だなって思える自分が嬉しいのです
スポンサーサイト
[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
*第3章 奴隷と生きるという毎日*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます