FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛感情というものはなく Sとしてしか使えない

最初に女子大生だった桔梗に伝えたことは以下のことです。
・恋愛ドラマやアイドルの水着画像や雑誌などやネットなど性風俗というものは信じない。
・駆け引きや損得の恋愛ごっこは、嫌い。
・避妊はしない。
・風俗や飲み屋にはいかない。
・観光地に行くよりも、自分の仕事の勉強になる場所に行きたい。
・無駄な話はしない。結論だけ話せ。
・たばこは吸うが酒や酒宴は時間の無駄。
・死んだ金は使わない。貸した金は帰ってこないものと考える。

もし、以上のことが受け入れるのなら恋人でなく奴隷として本気で向かい合う
但し、仮であって 期間を決めていつでも解消できるものとすることから始まった。

自分の夢と会社があったから、余分なことはするつもりはなかった。
このベースはいまだに変えてないから 恋愛感情とか甘い意識はない。
結婚は責任を取るという けじめのような事務的な意識であった。

従っていまだに 恋愛感情というものはなく、Sという意識でしか挿入はしない。
性処理玩具という感情がわかない限り どんな美しい女性でも挿入はしてこなかったし
それは桔梗以外の 桔梗以前の奴隷でも同じである。

今にして思えば亡くなった桔梗の母親に花嫁衣裳を見せて上げれたのが良かったと思うけど。

「こんな男に惚れた奴隷が悪いのさ」 まさに現実である。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments - 0

Leave a reply

About this site
*第3章 奴隷と生きるという毎日*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。