FC2ブログ

日常的にも奴隷化された存在として生きる

行為だけやプレイだけを求めてる訳でなく 日常まで新しい価値観を受け入れて妄想とかじゃなく
現実として飼育されていく。

一緒に出掛けた先でも体に入るローターや首につけた首輪は、それまでの時間と異なり
24時間管理されてる事実を体に刻んでいた。

好みの味や店を覚え少しでも理想にと工夫する時間さえ首輪があった。
その首輪の色が変質し仕事にも慣れてきたころに決意を新たにしていった。

自分の母親が結婚した時間を意識したか、どんどん家庭的になっていった。
結婚する女としか付き合えないといわれた俺の言葉も約束になっていたはず

むしろプレイのほうが気持ちの確認になった時期かもしれない

20160817234958730.jpg
スポンサーサイト
[PR]

Comments 0

Leave a reply

About this site
*第3章 奴隷と生きるという毎日*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます