FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主として

主として成立する前に伝えたこと

左耳と右目に治らない障害があり機能を失った。
普通のセックスはしない。Mをさらけ出させて本気な姿しか勃起しない。
普通の生活は求められない、闘争である。
家族団欒は知らない。合議の場であり旅も学びの場。
まるでブラック企業。

何より共に生きるといえば 二人だけの生活でなく自分たちでは選びえない
災難を運命を負担することになる
性の欲望だけでない たくさんの事実を負担する覚悟を
若い奴隷でなく私が責任持つことも想定で来た

それに備えることができないなら 主従など結ばないほうが良いと思っていたから。

普通のお嬢さん学生に何処まで理解できたかわからない。
自営業で夢を追う生き方をしていた。

普通は避ける相手だろう。

未だに障害については理解されないだろうが
培った経験から学んだことが多く
負け終わりをしない 広く観て獲得目標から目を逸らさずに生きる術を学んだ。

だからこそ、逆に 最悪の数々の試練から生還できた。

一番大事にしていた会社を閉じて奴隷との生活を選ぶときにも
未来を見ていた。







スポンサーサイト
[PR]

[PR]

Comments - 0

Leave a reply

About this site
*第3章 奴隷と生きるという毎日*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。