FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共に生きること

主従の目的は奴隷でない。
一方的な思いこみでない。
便利な家政婦でも娼婦でもない。

生きる価値観が合う共に支えるふたり。

それがエスとMと説明しやすいだけ。

だから、全く趣味も文化も違うから分かり合える為に喧嘩する。

只でさえ頑固なふたりだからこそ、理解し合えば可能性になるはず。

惚れた女が損するなら、俺は追い込まないで、感謝して生きるようにしたいとおもう。
スポンサーサイト
[PR]

Comments - 0

Leave a reply

About this site
*第3章 奴隷と生きるという毎日*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。