FC2ブログ

Archive2016年10月 1/2

スーパーヒーローじゃない 貴女だけの主という存在

何でもない日常という意味が 特別ということが分かるまで一杯涙するんだと思う不器用で 説明や 要領が悪いから人一倍誤解される。だから選んだ人にも正直になれなくてでも、分かってほしくて本当を言えば喧嘩になるから遠慮したりする。いいように使われてるんじゃないかと心配が不安になってちょっとずつ溜まっていったものが爆発する。。。。。。。。。自分を抑えられなくなってしまう。自分だけ苦労してるんだと思ってしまう...

  •  0
  •  -

車という二人の時間

共稼ぎだから平日は、朝と夕飯の食事時しか話はしない。休日には買い出しを兼ねてふたりで車で出掛ける。二人の昔の住んでいたエリアや疲れを取る為にと言う名目で勉強したり。話すしかない時間だからイロイロ普段は話さない話をしたり。二人の時間やお気に入りが増えていく仕事ばかりでなく家族団らんが目的な私にとりましてささやかでも当たり前な二人の時間が大切になってます。 playだけが主従じゃないから。...

  •  -
  •  -

忙しいからこそ 基本となる場所を自分らしく

2人で時間を重ねるうちに見えていくものがある。男は最初はプレイが楽しくて 新しい肉を都合のいい部分を楽しむがある時点で分岐点がくる。飽きたら新しい女を 若しくは性欲は封印してしまえばいい。そんな方向性もあろうただ、一番大事なことは 二人で生きるということ。価値観を共有していくこと。日常がいくら忙しくても、いやむしろだからこそ一緒に生きることが何より優先することを選ぶことで人生は本当の意味で前に進む...

  •  0
  •  -

何年たっても整理がつかないこ *今はなき桔梗のお母さんのこと*

桔梗が朝起きた時にね亡くなった母親が桔梗の夢に出てきたんだというんだ。。。。桔梗は 亡くなった現実はわかってるんだけど夢とわかってるんだけど 覚めないでほしいと思うんだ。色んな会話とかしたことが夢でも宝物になるんだろうね。もう本当はそこにいないってわかってるんだけど母といえる人は 他に居ないんだけどね俺もね 救ってあげれなかった その事実が 俺なんかに 救えるなんて出来るわけないけど何とかしてあげ...

  •  0
  •  -

相手の夢を共有できていますか?

単純にいってしまえば 何十年経っても自分の奴隷でセックスできるか 手を繋いで歩けるか。お互い飽きるし相手も恨み節が重なるが でも一番傍に居て自然な人であるか。何かの機会に金持ちになって 金で生活を保障できても自分だけが正しいとか勝ち組と勘違いしない出会ったときの気持ちに変化がないか。当たり前だけど それが大事桔梗の夢は俺の夢といえてるかな。。。。。そもそも奴隷の本当の夢をわかってるのかな・・・・今...

  •  0
  •  -

未来につながる目的以外は無視する

むかつくこと・時間を聞いているのに 別の話をすること。・朝から奇声を上げたり、歌を歌い始めたり 主語がない話をしてくること。・会話の最初と最後で話が変わること。 ・こっちがニュースを見てると 解説してくること。・母親みたいな注意をしてくること。可愛いじゃん かまってちゃんじゃん 甘えてるんだろうね 男なら我慢してやんなよ だろうが。まあさ 8割は価値観違うのさただ大事な2割がガッチリ繋がってるからそ...

  •  0
  •  -

うちの主従の強み

分かれないことを前提に未来を考える。始めて奴隷として主従を誓うときに①もし奴隷になるならば結婚を前提として付き合うことしかできない②結婚したら別れることを想定していない③それが無理ならば始めないほうが良いただし、無条件で考える期間を決めて継続が無理ならば無条件で分かれる。まあお嬢様で女子大生には厳しい選択だったと思う。そして結婚し責任を取り 今に至る訳であるが、最初の段階から責任を自覚していた。(う...

  •  2
  •  -

まだまだ諦めなくて大丈夫と示すこと

自分が悪いわけでなく、運命が決まるとき。リーマンとして人事がかわるとき。身体の変化の中で自由が失われて、病に墜ちるとき。全てが終わりに見えたときに主従の価値が試される。何が何でも生きていく姿を示し、前に進む勇気をあたえること。強さとか倫理観とか、お金とか、家族とか全部がグチャグチャでもふたりなら生きていける。そんな場所であることを示すこと。それが主従の強さだから。信じれる場所が有る事実に生きていく...

  •  0
  •  -

たまにうん?ってときもありますけどね(笑) のつづき

リンクしていただいているブログから言葉をいただいてきました基本的に男女は違う生き物で同一になる訳がないと思います。将来を見て 正しいと思って行動してるお互いがいるから行違うわけだしそれまで生きてきた世界も違うしねただ、先のブログでも言っていたように基本的な部分がブレていなければ良しと私も思います。うちの場合は 将来への責任というかリアルに生活なので逆にオイオイという部分を 寛容に受け入れつつ差異を...

  •  0
  •  -

桔梗という生き方 妻という生き方

東日本大地震が起きた時に、桔梗は自分の車で都内にあった私の現場まで来たそして一緒に帰ろうと思ったら、友達から電車3駅送ってと連絡が来た桔梗に言った今でかければ二度と戻れない可能性があるそれでも出かけるなら止めはしないが俺はいくべきじゃないといったその代わり行くなら帰るまで待つが二度と会えなくなるかもしれないよといった既に都内は帰宅難民で、動かない車で道路は埋まっていたし電話は使えなくなってたし 連...

  •  0
  •  -
About this site
*迷えるみなさんの癒しの場になれば幸いです*
About me
生きていくことを大事に自分を信じれる事実を書いていきます