FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

犯す 自分のものにする意識こそ

 31, 2016 06:17
六本木でSMバーで 公開調教したときに何度も果てるときに果てるたびに
私の許可を求めた。

知らない人に犯されていく女子大生だった女がすべてを受け入れていた。
知り合いのSMバーでも首輪をはめて仮奴隷として女王様やMさんとの
会話の中で自分の価値観を確認していた。

20110901 009

私にとって射精する相手である女が真っすぐ落ちていく姿は
一番真実であるし 自分とつながっている革新や成長を感じていた。

奴隷としてのプライドが芽生えていく中で 約束していた期限が
来るたびに更新するか確認した。

お嬢様な彼女にとって親が選ぶ素敵な男性と結ばれるほうが安定してるはず。
強制などしても奴隷化はできないとわかっていたから 
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  •   31, 2016 06:17
  •  0

二人をつなぐもの

 29, 2016 07:10

若さとか容姿とか、履歴書や通帳にあるものは

腐る

もっと根本的な思いやりや、ひたむきさ

楽しむ工夫など、些細な価値観が

大事になる。

だから、家事や旅や趣味を否定しないで

生きてきた。

頑張り方をふたりで確認してきた。

強くはないから 賢くはないから どんな二人でいたいかを 話し合ってきめてきた。 ベッドを買うとき 食卓を選ぶとき 家族としての形をやすくない買い物だから 話し合ってきめた。 奴隷が前から飼いたかった生き物を飼うとき 何十年も飼育するから 責任を持てるか話した。 私は否定はしないが参加はしない それを条件に爬虫類がきた。 全てはエロで、かたづかないリアル。 その根本に堅くつながる主人と奴隷の二人。
  •   29, 2016 07:10
  •  0

奴隷の名言

 27, 2016 21:03
女の話を最後まで聞く能力がない男に 女は心を開かない。(桔梗のつぶやき) まあ男からすれば 結論がない話は苦手だし ヤリタイと思うだけの男にはできないことだろうね
  •   27, 2016 21:03
  •  0

同じ価値観を持つ

 27, 2016 04:20
奴隷として すべてを管理するならば
避妊を含め奴隷の意思を大事にした

まだ若い女が生で出される玩具として
泊りで調教を受ける日には
コンビニまでローター入れて店員に怪しまれながら
会計してる姿は玩具としてふさわしいものであった

帰りの道で立ち止まり道の途中で果てる声を上げる
どこで若い肉を楽しむのも私の価値観を教えるためだから
自由であった

一方奴隷の趣味も享受する
仕事で疲れていても登山に出掛けた
群馬の山での雲海を見ながら
私の趣味である写真を撮影しながら
被写体として挿入され
果てる姿まで撮影され晒すことに慣れさせていった

登山
20110415愛フォン 005
20110415愛フォン 004
20110415愛フォン 053
  •   27, 2016 04:20
  •  2

緊縛

 22, 2016 17:00
人生を捧げた訳だから 生きる全ては私の価値観が優先し
私の好みが前提となる。

他の奴隷と違うところは 「完全な支配関係」

緊縛も誰かに見せるために飾るわけでなく
奴隷の膣も使い落ちる姿を解放させ 
そんな事実を楽しむために緊縛する

奴隷の良さが出るように心を縛ることと
万が一の時に解きやすい緊縛を心がけています

20140125 001
  •   22, 2016 17:00
  •  2

寸又峡 露出

 21, 2016 13:22
大井川の奥の奥
温泉とイノシシ鍋を楽しんできました

流石に周りから見える吊り橋では
というよりも2月で寒すぎて露出不能w

途中の公園で胸を晒し愛撫して果てさせました

処理済~20130211 197
20130211 232
20130211 286
  •   21, 2016 13:22
  •  0

会津雪模様

 21, 2016 10:23
恒例の温泉でのフェラです

鬼怒川とか日光などのメジャーな温泉地でなく
泉質優先であらび
旅館などの静かな格安な宿を狙って泊まります
あいず

混浴露天風呂などにもいきますので同じ嗜好の方がいたら
ご一緒したり 告知するのもいいかもしれませんね
  •   21, 2016 10:23
  •  0

観覧車露出

 20, 2016 17:05

  •   20, 2016 17:05
  •  0

尽くしてつくしぬいて

 20, 2016 06:31

勝手な主に寄り添い寝る

  •   20, 2016 06:31
  •  0
会社を辞めて独立し起業したときにパソコンを買った
先生と呼ばれ大きな仕事の成果も出して自分の夢を仕事として本格的に追っていた
その日々の中でSMのサイトを検索するようになった

とあるサイトの掲示板でユニークな不思議な書き込みをする若い子がいた。
女子大生と後で気が付いたがそれが

サイト自体は老舗で一時代を象徴するような場所でオフ会などにも参加していた。

そこで私が企画したオフ会に参加したのが リアルで出会った最初である。

そこから待ち合わせをして 食事をして平和にW学生だった彼女は帰っていった。

やがて私の家に転がり込んでくるようになった。

誘ったのは私。

最初にいったことは 人格まで変えてしまうことになる それでもついてくるならば幸せにする

結婚など考えてなかったし プロポーズではなく奴隷として飼うためには曖昧では付き合えないという事実を
通告した。

SMに興味があったが実際の主従は初めてだった女に、まるですべてを教えた。
自分の価値観を教えた

自分がいないときには自分の代わりができるように考えれる女となってほしかったから。

そして時間とともに すべてを晒して それでも別れないのかを確認して前に進む繰り返し


彼女からしたら私を選ばなくても 親の縁故でもっと安定した もっと若い男と生きれば
平凡だけど幸せだったのかもしれない。


その真逆の 自分勝手で自分の夢を追うことをしてる男の奴隷を選んだ

六本木の公開調教の時も犯されていく姿をさらす自分の仮奴隷を成長させることだけ見ていた
ショーの隅で余興の様に始まった責めは いつの間にかショーに代わって その日のすべてになり
知らない人に犯されて果てる地帯を晒すことを強制された

その後の反応は至って普通なこと。
私がいたから何ら不安はなかった。。。。強い子だと思った 教えたことが伝わったと思った。
それは付き合ってから1年くらい後のこと。

8年後 奴隷との結婚を決めて自分の夢で追いかけていた会社を畳み 安定した仕事に変えたのも 
仮奴隷から正式な奴隷へと進歩していった女の姿を見たからだったのかもしれない


  •   19, 2016 13:42
  •  0

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。